新着記事一覧

境界問題相談センターについて

裁判によらない紛争解決方法(仲裁、調停、あっせんなど)を広く指して「裁判外紛争解決手続(ADR)」といいます。全国の土地家屋調査士会は、土地の境界に関するADR(境界問題相談センター等)を立ちあげました。境界問題相談センターでは、土地家屋調査士(境界の専門家)と弁護士(法律の専門家)との協働による相談・調停を行い、裁判によることなく迅速かつ当事者のニーズにあった納得できる解決を目指して活動しています。境界問題相談センターでは筆界の問題だけでなく、筆界特定制度では取り扱われない所有権界(所有者の利用状況など、合意によって設定した線)について取り扱う事が出来ます。

top.gif

境界問題相談センター埼玉

sennta-_ページ_01.jpgsennta-_ページ_02.jpgsennta-_ページ_03.jpgsennta-_ページ_04.jpgsennta-_ページ_05.jpgsennta-_ページ_06.jpgsennta-_ページ_07.jpgsennta-_ページ_08.jpgsennta-_ページ_10.jpgsennta-_ページ_09.jpg

境界問題相談センター埼玉の立派なパンフレットが有りますのでアップいたします。

top.gif